Financial Consulting財務コンサルティング

財務改善を通じて会社を元気にします。

中小企業の経営者は、色々な悩みを抱えています。

銀行からの借入れがスムーズに行かず会社の先行きに不安がある…
儲かっているはずなのにお金が残らない…
毎月の銀行の返済利息が利益を消してしまっている…
銀行がなかなか融資してくれない…
銀行融資の金利が他の会社に比べて高いような気がする…

など、財務面においてもこのような悩みをお持ちの経営者も少なくありません。

しかしながら、現状は顧問税理士に会計・税務の仕分けや助言をしてもらうだけで、財務改善に本格的に取り組んでいるケースはごくわずかと言われています。

銀行は決算書で融資の
可否や条件を決めています。

金融機関の資産の大半は貸出金です。その貸出先の経営状態によって「正常に返ってくると思われるもの」と「返ってくるか注意が必要なもの」、「破たんしかかっているもの」、「実質破たんしてしまっているもの」とに区分しています。

そのため、借入を行っている取引銀行から、毎期、決算書の提出をもとめられ、その決算書を使って金融機関は独自の信用格付けのルールに従って貴社の格付けがされ、貴社への貸出金の条件(期間、利率)や可否を判断されているのです。

そのため、中小企業は借入をしている金融機関から決算書の提出を求められ、金融機関はその決算書を使ってルールに従って企業の「安定性」「収益性」「成長性」「返済能力」を評価し、融資の期間や利率等の条件、可否を決めているのです。

「財務」と「会計」は異なります。

株式会社 ケイビッグ|財務コンサルティング・リスクコンサルティング

中小企業の大半に「財務部」は存在せずアドバイスしてくれる人もいません。一方、税理士は「経理」「会計」「税務」を主要業務としています。

会計の世界では、業績がいくらマイナスでも問題ありませんが、財務の世界では、資金が底をついたらおしまいです。つまり、企業はいくら赤字でも潰れませんが、資金がなくなったら黒字でも潰れるのです。

「財務コンサル」と「会計」

「財務コンサル」の目的は、企業の目標実現に向けての過程を「資金」の観点から評価・分析・改善する事です。「適正な期間損益計算」を目的とする「会計」とは自ずと異なります。

金融機関による貴社の信用格付けの手順例

一般的には、決算書に基づく定量的な評価に加えて定性的な評価、更に実態調整が行われます。しかしながら、第一段階の定量的な評価が評価全体の大部分を占めると言われているため決算書の内容が信用格付けを左右すると考えることが出来ます。つまり、決算書は会社の命運を握る大切な書類なのです。

まずはご相談ください。

初回のご相談は無料で承ります。
分析結果の報告を勘案してコンサルティングを実施するかご判断下さい。

お問合せ

「戦略財務コンサルティング」のご案内(流れ)

  • STEP01
    ヒアリング
    資料の受領

    経営ビジョンや今後の方向性、現状をヒアリングします。
    同時に秘密保持契約を締結して必要な財務諸表などをお預かりします。

  • STEP02
    分析結果のご報告
    コンサル内容のご説明

    お預かりした資料をもとに財務状況を分析し報告します。
    報告には、金融期間の「評価予測」のほか「安定性」「収益性」「成長性」
    「返済能力」の指標も含まれるため、今後の改善項目が明確になります。

  • STEP03
    コンサル契約締結後

    お打合せで決定した方向性に向けて改善策を策定したうえで
    具体的に取り込みを開始して頂きます。
    月1回、約2時間の訪問コンサルを実施します。

HOME財務コンサルサービス

Contactお問合せ

ご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00-17:00 土日祝を除く

お問合せ 0463-85-5577